HOME > お知らせ > 毛利公一さん講演会 のご案内

毛利公一さん講演会 のご案内

毛利公一さん講演会

知っていますか?
心が病むと体も大きなダメージをうけるこということを・・・

今回、心と体の健康をサポートするヘルスパークが
「過去にトップアスリートの経歴を持ち
その後、おおきな事故で、障がいをもちながらも
現在明るく前向きに活動されている毛利公一さん」を講師としてお招きします。

会員様以外の方もこの機会に是非ヘルスパークに足を運んでください!

 

日時 2012年5月20日(日) 10時~12時
場所 ヘルスパーク 高松店 (高松市木太町1574-1)
料金 500円
人数 先着30名様 事前にご予約ください
連絡先 087-837-2955 (ヘルスパーク高松店)

 
※駐車場も限りがありますので、お友達と一緒に来られる方は乗り合わせの上お越しください。

 

 

毛利公一 NPO法人ラーフ理事長

 

 
毛利公一さん
昭和56.5.29生まれ。
明るく前向き、そして負けず嫌いな性格の30歳です。
頚髄損傷で首から上が動くだけの身体ですが、持ち前の性格で人生突き進んでます!

中学校から棒高跳びを始め、高校時代には3年連続インターハイに出場し、3年の時に3位入賞を果たす。
大学時代には、関東インカレ優勝も経験している。

 

 
毛利公一さん
一つの波が彼の人生を変えました。
何かをなくした時、人は悲観します。
それが大切であればある程、心の闇も深くなります。
その手の中に残された、もっと大事なものに気づかずに。

23歳の夏、
夢を叶えるためにアメリカへ旅立った彼に待っていたのは、大きな事故でした。
目を開けて彼がみた光景は海の底。
彼の体は海に沈み、太平洋へと引き込まれるところでした。
C3頸髄損傷(呼吸中枢損傷、四肢完全麻痺)。
彼が失ったのは、声、呼吸、感覚、首から下の動き・・・
そんな彼に追いうちをかけるように医師は「一生寝たきり一生呼吸器の生活」を告げました。

しかし彼は負けません。
自分の人生は自分で変えてやる!今以上にどん底はない!
ピンチの時がチャンスだ!
「そしてもう一度立って歩く!」
自分の人生を他人の医師に決められた悔しさが彼の決意へと
奮い立たせました。
それから約2年。
彼の体からは、無理だと言われていた呼吸器が完全に外されます。
窒素、気絶、酸欠、そんな繰り返しのリハビリ。
しかしそれを乗り越え、自発呼吸を繰り返し、声も取り戻しました。

NPO法人ラーフ立ち上げ、講演活動、国家試験、当然リハビリも。
今年で31歳を迎える彼は、一つずつ壁を乗り越えながら今でも挑戦を続けています。
「首から下が動かない」ではなく、「首から上が動く」の考え方で、さらに上を目指す
ために自分が持てるすべての力を最大限に生かしきること。
それは、誰もができる事ではないかもしれません。
けれど、誰もができる可能性を秘めているものです。

生きること、生かされていることの意味。
事故は決して喜ばしい事ではありません。
でも彼は今の自分になれたことを喜んでいます。
「しゃべることが好きで、得意なものは笑顔です。」

せっかくだから、よく生きる。

 
お問い合わせ: ヘルスパーク高松店(087-837-2955)

このページの先頭へ戻る