HOME > 会員様の声 > O脚を治したい (池田様)

O脚を治したい (池田様)

池田 様私がヘルスパークに行こうと思ったのは、O脚を治したいと思ったからです。
近くの整体に行っても、「O脚は治せない。」と言われ、仕方なくインターネットで調べ、行こうと思ったのがきっかけでした。

その頃の私は姿勢が悪く、猫背の前肩でおばあさんのような歩き方でした。
またO脚がひどかったので、外側に体重がかかるせいか、よく足首が外側に倒れるようにつっかかったり、こけたりしていました。
その他にも肩こり・頭痛・吐き気・低血圧・耳鳴り・腰痛・冷え性・生理痛・生理不順などがあり、体型は出っ尻(姿勢を正してもお尻がつきでている)で、お尻と太ももの境がなく、上半身はガリガリに痩せていたけど、下半身はしっかり肉がついている、いわゆる「下半身太り」でした。

余談ですが、ヘルスパークに通い始めた頃は、ずらりと横になり、無心に首や腰を振っている人達をみて、「ここは何?何かの宗教団体?」と思い、少し大丈夫かなぁ~と思いましたが、「O脚は良くなるよ。」と岡先生が自信たっぷりにいっているのを聞いて、半身半疑でしたが頑張れば治るのならそれにすがってみようと思い頑張ることにしました。

 
運動をし始めた私は、まず首の運動で挫折しそうになりました。
首が悪かった私は、首の運動をすると体がものすごく寒くなり、寒空の下で運動をしているような感じでした。
「あつい。あつい。」と汗をかきながら運動をしている人達の中で、私一人だけ毛布をかぶせてもらい、頭痛と吐き気で逃げたい気持ちを必死でこらえながら運動をしていたことを思い出します。
しんどいよーと思いながらも、根がくそまじめな私は、毎日コツコツ運動を重ねていき、首はもちろんのこと体も少しずつ変わっていきました。

肩こりや頭痛は早い時期になくなりましたが、それ以上に性格がどんどん変わっていくのがわかります。
首が悪かったときは、私の性格は外面はいいけど、家に帰ると暴れ回り、よく切れては怒りまくっていました。
父母を困らせ、「あんたには何を言っていいんかがわからんよ。」と言われ、そのとき付き合っていた彼氏とも喧嘩が絶えず、よく泣いていました。
精神不安定で拒食症と過食症を繰り返す神経性食思不振症だった時期もあります。

しかし今では全然イライラもしないし、腹を立てて怒ることもなく、いつも笑いの絶えない生活を送っています。
体を治すことで性格まで変わるなんで信じられませんよね。
もう私には幸せの神様がついたかのようです。

また体のラインもよくなり、「体型なんて遺伝なんだから変わるわけない!」と思っていったのに、姿勢はよくなり、お尻と太ももの境のあるぷりんとしたお尻になり、出っ尻だったお尻も引っ込み、水着も恥ずかしくなく着れるようになりました。

他の症状もいつの間にか消えていき、そんなこともあったなぁ~としみじみ思います。

 
それからここ最近一番うれしかったことは、子供ができたことです!!!

ある程度体の良くなった私は、目標に“ほしいときに子供ができる体にする”と掲げ頑張っていました。
結婚してすぐに、旦那さんと「早く子供がほしいね~。」と話していたのですが、本当に、すぐに妊娠していたのです。
卵巣脳腫があり、生理不順で排卵がなく、子宮も人より小さかった昔の私を思うと、すぐ子供ができたことが夢のようです。
やはり私には幸せの神様がついているのですね(笑)。

今では旦那さんと二人で楽しく運動をし、一日を終えるというのが日課になっていますが、妊娠中で運動をするとよくお腹が張ったりするので、しっかり運動ができていません。
ですが、出産を終えたら、また1からスタートした気持ちで、妊娠・出産で変わった体型をどんどん元に戻し、2人目3人目と子供ができても元気に、そして「かっこいいお母さんだねー。」と言われるように頑張っていきたいと思います。

 
池田 様
☆ その後、2人目を無事出産しました。 ☆

省吾くん
2009年1月2日うまれ
2498g

すごく安産でした。
少し小さいけどとても元気な男の子です。


※ こちらの体験談は、個人の感想や成果によるもので、万人への効果を保証するものではありません。整体術による結果には、個人差があります。

このページの先頭へ戻る