HOME > 会員様の声 > 病院を転々と回る日々でしたが… (吉井様)

病院を転々と回る日々でしたが… (吉井様)

吉井 様 20代、10年間の私
心身共に不調の毎日で、悩み苦しむ暗い過去です。
腰痛から始まり、朝から両足が重く、体がだるく布団から這うように起き上がっていた。
前日の疲れ、むくみが取れない。
通勤電車内では、まともに真っ直ぐ立っていられない。つり革にぶら下がるように立っていた。
常に壁にもたれかからないと足に力が入らず身体をささえることができなかった。
背中が痛くバリバリに張っていた。

今、振り返れば若さの気力でただ生きていたように思う。
初潮(中学)から生理は4 ,5ヶ月に1回しか来ない。
勤め始めストレスからか、生理が止まってしまい 医者、婦人科に通い始め(骨密度の極度の減少を発覚)薬での治療が続くがいっこうに良くならず…。
この頃からアトピーが出だし、会社から昼休み病院へ注射にも通っていた。
薬で一時的にはおさまるが薬を飲まない時は、また元に戻ってしまう。
体調不良と薬のせいなのかいつも気分が悪く気持ちもどんどん落ち込んでしまいました。

ここに出会うまでの20代は、病院(内科、婦人科、皮膚科など)を転々と回る日々でした…。

 
28才の時、6月のある日
スーパーへお買い物 レジに沢山の人がいたため私は立って待つのがしんどくて雑誌売り場の隅っこに腰かけ、並んでいる人が減るのを待っていた。
目の前の雑誌を開き、ヘルスパークの広告が目に止まる。
「 行ってみよう!」
とその時思い、決心。
明るい雰囲気が気に入り、先生の説明を聞き
笑顔で「 頑張って治そうね 」の一言。

以来、それから枕の運動に出会いました。
始めの頃は腰も首も5回くらいしかふれない
運動では体のあちこちが順々に次から次へと、痛い、痛い、痛い・・・
気分が悪く、好転反応との戦い、一時はアトピーに泣く泣くつらい時期がありましたが、先生をはじめまわりの患者さんたちの温かい励ましのおかげで、途中、あきらめずに続ける事が出来ました。 
感謝しています。

自然と体が回復していくと共に、自分から外へ出て、人と楽しく過ごせる機会が増し、気持ちも大きく前向きに変わっていきました。

一番の念願だった赤ちゃんを授かりました。
(以前は結婚しても子宝には恵まれないと思った時期もあったけど)

信頼と理解ある先生方、有り難うございます。
(親にも教えてもらっていない知識をここで学ぶ事ができました)
これからも枕と仲良く頑張って運動を続けていきたいと思っております。


※ こちらの体験談は、個人の感想や成果によるもので、万人への効果を保証するものではありません。整体術による結果には、個人差があります。

このページの先頭へ戻る