HOME > 会員様の声 > 減食運動 一日一食隊と一日二食隊 (W様他)

減食運動 一日一食隊と一日二食隊 (W様他)

イメージ画像 食事

減食運動 ~「一日一食隊」と「一日二食隊」~

ヘルスパークでこんなことやってみました!

カラダのことはもちろん、カラダの中からもキレイになって欲しいので、食べ物のこともみんなで学んでいこうと色々やってます。

そのひとつで
一日三食べるのがあたりまえ~と思っている人も多いと思います。
もちろん、カラダが出来るまでの子供達は三食必要です。

今回はみんなで20日間のうち8日だけ(一日おきでもいいし、連続してもいいし、自分のタイミングで)、一日一食か一日二食かを選んでもらい身体の変化を体験してもらいました。

ダイエット目的でなく。みんなでやってみよう。

けっしてダイエットが目的ではありません
あくまでも、カラダのデトックス・若返りのため空腹時間をあえて作り
空腹時間がカラダの細胞を活性させること目的とします。

たいていの人がいつもお腹がすいたーーと思う前に時間が来たら食事を取る。
空腹時間がほとんどない状態で次の食事をお腹にいれてします。

食べすぎているな~と思いつつ、一人ではなかなかできないので、みんなでやってみようということになりました。
先生方も一緒にチャレンジしました!

食事を減らすと筋肉量が減ってしまいますので、一日の一回・二回の食事はきちんと取る。
(食後すぐのおやつはOK 、 一回の食事と一緒にアルコールもOK)

そして運動もとりいれながら行いました。

イメージ画像 運動と食事

その結果 会員様からいろいろな反響がかえってきました。
今回はその中のWさんに体験談を書いてもらいました。

 

高松店W様体験談 ~減食運動を続けて~

高松店 W様当初一日一食ダイエットはかなり無謀に思えました。
一日三食+おやつ3回の私にとって出来るのだろうか…。
でも胃腸を休めることには興味がありました。

最初に目標8日間を無理のなく終えて不思議でした。
岡先生から継続している他の患者さんの話を聞いてなんとなく続けていました。

 
午前11時頃になると「くぅ~っ」とお腹が鳴ります。
これは「胃袋が空になったよ」って合図。
集中力がメキメキ上がってきます。
仕事をしていると頭が冴えてきます。

午後4時頃に再び「ぐぅ~っ」とお腹が鳴ります。
「腸内も減ってきたよ」と合図。
この間水分は充分摂取。
お水、お茶、コーヒー、お砂糖は抜きです。

午後5時頃になって、いただいたお菓子をやっと口に。
そういえば味覚が鋭くなってきたせいか、チョコや飴、ガムは、ほしくありません。

3週間目。
背中、太もも、下腹部、腰回りがサイズダウン。
不思議と皮膚は弛みませんでした。
このころ椅子に座ると自分の坐骨がわかるようになりました。
美容室でヘッドスパを担当してくれていた女性に頭の皮が軟らかくなったねと褒められました。
体重はどんどん減少しました。

そして半年、体重は安定しました。

ひと月遅れで減食をはじめた旦那様は、ぜんそく系アレルギーが改善され、カレーの匂いが判るようになりました。
また、視力が回復したと言って運転中眼鏡を外すようになりました。

 
先日、私の誕生日祝いに夫婦で外食をしました。
ビール生中に日本酒と、かなり飲みました。
ほろ酔いでしたが、店を出るころには酔いが醒めていました。
二人で顔を見合わせ“肝臓の働きが良くなったね!?”とニヤリ。
これから更に身体にどんな変化が現れてくるのか楽しみです。


※ こちらの体験談は、個人の感想や成果によるもので、万人への効果を保証するものではありません。個人差があります。

 

アンケートまとめ

後、一緒に体験したみなさんのアンケートをまとめてみました。

イメージ画像 体の変化

一日一食隊・一日二食隊を経験された皆様にアンケートをお願いしました。
皆様、それぞれ体感されたこと、感じたことを書いてもらいました。

便は毎日でましたか?

  • はい!
  • 快便!
  • ほとんど毎日
  • 出ない日もありました。

 

体に何か変化ありましたか?

  • 11/10より始めて11/27までの時点で、-3Kg!!
    一食がとても貴重になり今まで手軽に食べていた菓子パンなどは一切食べなくなり、ご飯と味噌汁をしっかり食べるようになりました。
  • 背脂が取れた!! 頭や体のむくみがとれた
    目覚めよし、昼間の眠気なし、だるさなし、頭すっきり、やる気あり!仕事がはかどりました。
    体重も2.5Kg減りました。
  • お腹はすいていても、いつもより食べる量が少なくなった。
  • 体重も体脂肪も減りました。お腹が空いても胃が痛くなくなりました。
  • 胃のまわりがスッキりしました。
  • 体重が2Kgほど減りました。
  • カラダが少し軽くなったような~ウエストが痩せました!
  • 何日か続けると食後の睡魔が減った。胃もたれまではいかないが、体が軽くなった。
    胃が小さくなるのか、量を食べれなくなる感じがある。
  • 食べなくても倒れないし、疲れない。反対にカラダがかるく頭もスッキりしている。
  • 慢性胃炎で体調が崩れると胃腸が重苦しい事がありました。
    それが一食を3日続けると、もやもや感もなくなり、すっきりしました。
    便は水を飲むだけで出ますし、食事の回数分出るようになりました。
  • 便の回数が増えました。


※ これらの体験談は、個人の感想や成果によるもので、万人への効果を保証するものではありません。個人差があります。

 

やってみた後の体調は?

  • 特に思うのは、気持ち的に変化がありました。集中力が増し、仕事がはかどりました。
    体も軽いので、少し若返った様な感じになりました(イエーイ(^o^)ノ
  • 今まで疲れやストレスで胃腸の具合が悪くなりやすかったのですが、そういったことが一切なくなりました。
  • カラダが軽く感じた。
  • カラダが軽い!なんで なんで!びっくり
  • 体重が減り、胃が軽い。頭がすっきりする。
  • 肌の調子が良くなりました。


※ これらの体験談は、個人の感想や成果によるもので、万人への効果を保証するものではありません。個人差があります。

 

感想

  • 一日三食規則正しくを良しとしてきましたが・・・間違いでした。
    今の私(60歳、運動しない)は“食べ過ぎ!!”ていることに気づきました。
    胃はスッキりして、水や食べ物が美味しく感じ、満足感や爽快感を味わいました。
    こんな機会を与えて下さり、感謝です。一人では絶対にできないことです。
  • 時間がきたらどこかで「食べなきゃ。」という意識があったのが、お腹が鳴るまでいいやと。
    期日が過ぎても二食で済んだりしました。これなら一食隊にもチャレンジ出来そうです。
  • 「案ずるが産むが易」お腹がすいてめまいがしそうな時もありましたが(( ̄▽ ̄;)
    飢餓状態の時は細胞が活性化されるような爽快さがあり、ビックリしました。
  • 始めた当初は続くか不安でしたが、18日間やってみて、この食生活が普通になり、体調もいいのでこのまま続けてたまには2食にする日をつくったりしようと思います。
  • 毎日かなり満腹の状態で晩御飯を食べていたのが、よくわかりました。
    「食事が楽しみ」になっています。私できるやん、食べなくても平気やん、と自己満足できました。
  • やる前はキツイのではないかと思っていましたが、思ったより苦しくはなかったです。
    ガマンできたのも、自分には大きかったです。
  • 最初の三日間は辛かったーー
    終わって三食にもどれない!!引き続き一食生活をやっています。
    自分でもわからないけど、一食生活が楽しい、変な私・・・
  • 思ったよりハードルは高くなかった。今までは一日三食の固定概念があったはずなのに・・・
    週5日やってみて土日を普通に戻すと逆に食べ過ぎた感じが体にある。
    サイクルとしては3日普通に食べて二食に戻すというパターンもやってみたが、これはダメだったので、今後はやる時は五日実施二日休みのパターンで時々やっていきたいと思った。
    食事量に制限がないのがストレスにならないのかもしれない。
  • 今、一日おきに続けています。お肌の調子も良く、朝の目覚めも良いです。
    ダイエット目的ではないけれど、体重も落ちるとやはり嬉しいです。
    太ももも少し細くなりました。
  • 期間中に8回クリアすれば良かったで、比較的 楽に出来たように思います。
    ただ、3日クリアして3日あけると次の時に苦しく感じましたので、ある日数は続けてた方がデトックスの意味でも良いのかなと思いました。
    次は出来れば、断酒も入れてしてみたいです。希望ですが・・・(^^;)
  • いつも夕食を沢山食べていましたが、朝と昼をしっかり食べて夕飯は食べる時でも少なくなりました。
    おかげで間食も0になり、少しだけ何回も食べることがなくなりました。


※ これらの体験談は、個人の感想や成果によるもので、万人への効果を保証するものではありません。個人差があります。

 

またやってみたいと思いますか?

  • みんさん YES でした

 
痩せるのが目的ではありません。
将来を見据えて健康でいるためには、食生活を見直すよい機会だと思います。
カラダは食べたものからしかできてませんからね~
カラダが喜ぶものを、たくさん食べて免疫力を高めましょう!!

このページの先頭へ戻る