HOME > 会員様の声 > 頭痛・腰痛、薬が手放せませんでしたが… (高重様)

頭痛・腰痛、薬が手放せませんでしたが… (高重様)

ヘルスパークと出会ったきっかけは友人の紹介です。
ヘルスパークに来る前の私は、頭痛、腰痛は毎日薬を持ち歩き、毎日頻繁に薬を飲んでいました。
耳鳴りは、キーンとなっていました。
このような症状が気になり、通うことにしました。

通いはじめてわかったことは、生理、子宮筋腫など、人と比べたことがなかったので先生の話や患者さんの話を聞いていて「気にしていなかった自分の症状が良くない」ことがはじめてわかりました。
生理前から薬を飲んで痛みを抑えていました。
生理になるとかたまりがたくさん出て、4日目までは寝込むぐらいの頭痛、身体のフラフラがあり、吐き気ではなく嘔吐していました。

子宮筋腫は、生理時の出血がひどくて大きいのを1つ取る手術を1回しました。
しかしまだ小さい筋腫はたくさん残っていたので、筋腫が小さくなったという人の話しを聞いて、大きくならなければいいなあと思いました。

 
通いはじめてすぐに運動するとかなりの痛みが腰にでました。
先生から「痛みがでるよ」と聞いていましたがまさかこんなに痛いとは・・・立っていても座っていても何をしても痛みが出るなんて・・

痛みに挫けず半年・・一年と頑張りました。
以前はよく風邪を引いていたのにその頃には、風邪を引かなくなっていてびっくりしました。
気にしていた頭痛、腰痛、耳鳴りはいつの間にかなくなっていたので薬を持ち歩かなくてもよくなりました。

通いはじめて二年目には生理前から薬を飲んでいましたが、妊娠前には少しお腹が痛いかなぁぐらいになり、薬を飲まなくてもよくなりました。
固まりも毎回たくさん出ていたのが3ヶ月に1回ぐらいに減り、生理が以前よりすごく楽になりました。
しかも筋腫は少し大きくなっていましたが苦痛は軽減していました。

 
子供が欲しいと思った頃、お医者さんには筋腫がたくさんあるので手術をしないといけない、妊娠は無理と言われましたが手術をしたくなかったので手術をしないでいい病院を探し、漢方とヘルスパークを併用しました。

妊娠して12週たたない頃、赤ちゃんが危ないと入院をしました。
筋腫は赤ちゃんが大きくになると共に筋腫も育って大きくなります。
お腹の大きさは双子ちゃんのお腹の大きさぐらいになり、普通の人は90センチ無いぐらいなのに100センチぐらいありました。

なんとか、37週まで赤ちゃんはお腹の中で大きくなり無事出産することが出来ました。
その時筋腫の大きさは、大人の頭ぐらいあったそうです。
筋腫があったので出産は帝王切開でしたがお医者さんには「もうダメかも・・ようこれで妊娠したなぁ」と妊娠した時も出産時の手術中にも言われ、出産の手術の時は先生の声が聞こえるので“え~”と思いました。

去年の12月に出産し、子供も元気です。
私は、妊娠前より体重が5㎏痩せました。
骨盤が動きやすい今、骨格を妊娠前に戻すよう育児の合間に頑張っています。


※ こちらの体験談は、個人の感想や成果によるもので、万人への効果を保証するものではありません。整体術による結果には、個人差があります。

このページの先頭へ戻る