HOME > 会員様の声 > 側湾症、不妊…枕運動の重要性 (菊地様)

側湾症、不妊…枕運動の重要性 (菊地様)

菊地 様
【来院のきっかけ】
流産し家で茫然自失と半閉じこもり状態だった時、何気にみたタウンページの広告がきっかけだった。
今まで、一般的な整体院の経験もあったが、女性のみ・カウンセリングというのを見て行くだけ行ってみようと思った。

カウンセリングを受けてみて、症状とその原因を的確に言うのに驚きが大きかったが半信半疑、その日はカウンセリングだけで治療費を払ってちっとも良い事ないやんけと感じたがどうせ治らないのなら騙されてもいいなと思い、とりあえず通うことにした。

【症状】
著明な症状は肩こり腰痛
小学生の時よりひどい肩こり、腰痛があった。両親に肩もみをしてもらってもよくならず、同じ姿勢で30分も居ることができなかった。
高校生になってそれが側湾症から来るものであるのは判明したが、病院に行っても経過観察であり、症状改善策は無いものと思っていた。
ある整体師からは、この状態では妊娠・出産も難しいと言われていた。

 
    ~* 通い始めてからの経過 *~

【初期】
最初は枕に腰を乗せてもお尻がつかない状態だった。
膝90度を保つことができず、すぐ伸びていた。
体もだんだんずれてきてマットからはみ出ていた。
首の運動では、吐き気をもよおし、洗面器を横に置いて吐きながら運動をしなければいけなかった。
ベルト歩行運動は10分も続けることができなかった。

30分ずつの運動なんて夢の夢であったが、だんだん体が楽になっていく自覚があったので続けることが出来たと思う。

その後、長男を妊娠
元気に仕事を続け超安産(初産で5時間)で無事出産。

育児のためしばらくヘルスパーク通えなくなった時期があった。
仕事に復帰してしばらく自分流で運動は続けていたがやっぱり完全に治っているわけではなかったので、腰痛など体の不調を感じていた。

そんなある時、ヘルスパークの先生と勤務先の病院で再会しその先生の一言で「やっぱりヘルスパークに通おう」と考えた。
時間とお金の無さを理由にしていたが、自分の健康にはそのぐらいのものは努力してつぎ込まないといけないと思い、割り切るようにし三井先生率いるNEWヘルスパークの会員となった。

【中期】
ただひたすら運動が出来るように時間を作り、自分に良いと思う商品は摂取するようにした。
各部屋に1個の枕を常備。枕が無いことが運動しない理由にならないようにした。
口にする水道にはアルカリイオン整水器を設置(特に子供も出来ていたので、実家、母屋にも設置)

菊地 様【転機】
長女を妊娠
今回の妊娠中も枕運動を出産ギリギリまで行いきわめて快調
外科病棟で産休ギリギリまで飛び回り、産前休暇になると妹と長崎に列車旅行できる程度
この妊娠、出産を契機にレベルアップし今の状態になった。
(当然、3時間程の超安産。翌日からはベッド上で枕運動開始)産後すぐ作っておいたガードルと3本ベルトで骨盤を締め骨盤矯正強化月間となる。
半年後にはダイビングに行く予定であり、妊娠前に作っていたドライスーツを絶対に着用できるようにならないといけないという具体的な目標にやる気も満々。体の変化も著明にあった。

【現在の状態】
体の調子は全く良い。
痛い所もだるい所もほとんどない。
あるとしたら、身体を動かしすぎたとか、仕事の後とか理由が分かっていることが多いので、枕の運動をして一晩寝れば大丈夫。
もちろん、分からない症状があれば先生にお聞きしますが・・

菊地 様症状) 骨盤がずれている痛みが出ることがある。   
    首が詰まっている気持ち悪さが出ることがある。

 ⇒ 枕の運動を長めにして下ろすように頑張る。
 ⇒ それでだめなら先生とSRBで筋肉を緩めてもらってから運動をする。
 ⇒ 症状解消

今の状態を維持しないといけないという巨大なプレッシャーはあり、院長チェックごとにこの状態でこの立場に居ていいものかと思いつつ、『格下げ』を宣言されないよう隅の方で細々と続けて行きます。
今後も末永くお付き合いお願いします です。

 
スタッフよりコメント(※ スタッフよりコメント)
菊地様は、ヘルスパークの数少ない特別会員です。

 

<特別会員とは?>
自分の体を自分で理解し、チェックでき、どうしてそうなったかもちゃんと把握し、それを治す知識と治せる体を持っている人のことです。
みなさんも、彼女の様に特別会員をゼヒ目指してくださいね!
その為には、まずは毎日の運動から・・・・・・・・


※ こちらの体験談は、個人の感想や成果によるもので、万人への効果を保証するものではありません。整体術による結果には、個人差があります。

このページの先頭へ戻る