HOME > 会員様の声 > 腰痛、重度の椎間板ヘルニア… (ポール様)

腰痛、重度の椎間板ヘルニア… (ポール様)

ポール様
私は16年前から腰痛に苦しみ、横断歩道で小走りするだけでも腰が抜けて歩けなくなる…そんな状態でした。
いろんな病院にも行きましたが、ある一定の状態まで治すことができても、それ以上は良くならず…
友人からは
「まぁ、腰痛とうまく付き合っていかないといけないんじゃない~」
と言われ、
「思いっきり大好きなスポーツをやりた~い」
という夢を密かに抱きながらも、あきらめざるを得ませんでした。
とにかく「重いものを持たない!」「走ったり、ジャンプしない!」これだけを守れば、普通には生活できていたので、現状維持を心がけるようにしていました。

そんな中、昨年の8月頃から歩く時に腰と股関節に違和感を感じ始めました。
「骨盤、ずれたかなぁ」と思いながらも、ほったらかしにしていると症状は悪化。
9月末には尋常でない痛みに耐えきれず、近所の接骨院に通い始めました。
しかし、痛みは増すばかり(>_<) しびれるような痛みは足先まで到達し、車の運転はもちろん、歩いたり座ったりすることも困難になりました
「一体、この痛みは何???」 
ということで整形外科に行きMRI検査をしてもらいました。
検査結果を見た医者は、
「わぁ~、でかい」の一言。
診断結果は、“椎間板ヘルニア”で通常の3倍くらいの大きさが突出していました
手術も進められましたが、再発することもあると聞いたので、かたくなに断り続けました。

 
そんな時、友人のMさんからヘルスパークを紹介していただきました(*^_^*)
「同じような症状だった人も、今では走れるようになってるよ~」
とMさんから聞いて、
「もしかしたら、私もスポーツができるようになるのでは…」
そんな淡い期待も抱きながら、
「とにかく、まず普通に歩けるようにならなければ…」と11月半ばから私もヘルスパークに通い始めました。

自分自身の状態を知るためにも、毎日飲んでいた痛み止めの薬をやめることにしました。
最初は激痛の激痛…。
子供の保育園のお迎えに行ったものの歩けなくなって、保育園の先生に自宅まで送ってもらったこともありました(~_~;)
運転中に足がしびれて感覚がほとんどなくなり、冷や汗と涙で帰宅したこともありました
あの痛みを思い出すだけで、とっても辛くなります…。

私は日本に一時帰国中の身…。
3月には海外に帰る予定にしていました。
3回乗り換えて17時間の飛行に耐えられるまで回復しなければいけないという焦りの中、毎日を過ごしていました。

仕事も家事も、時には痛みで食べることもできない状態で、「枕の運動が私の仕事」と腹をくくり、1日に3~4回(1回に30分~1時間)の運動を続けました。
「本当に良くなるんだろうか…」「どれくらいの期間で良くなるんだろうか…」
そんな不安な気持ちになりながらも、ヘルスパークの先生から励ましを受け、その度にモチベーションを上げて枕の運動を続けてきました。

12月末、勧めていただいたグルコサミンを飲み始めたこともあって痛みがかなり緩和され、1月から仕事にも復帰しました
本当に奇跡だと思いました(>_<) でも冬の寒さには勝てず、神経痛も加わって、2月半ばから再び歩けなくなってしまいました…。 心も冬のように凍りつき、またも辛い日々を過ごしました。 「一度は良くなったのだから、必ず良くなるよ」という先生の励ましによって、何とか辛い冬を乗り越えました。  
4月の春を迎えたとき、あれほどきつかった痛みも緩和され、薬がなくても普通に運転したり出掛けたりできるようになりました
台所に10分も立っていられない状態だったのに、今は長時間立っていられるようにもなりました。

この6か月間、良くなったり悪くなったりの繰り返しでしたが、総合的にはいつの間にか良くなっていて、自分でも気づかないうちにできなかった事ができるようになっていました(^^)v

6月にいよいよ海外に出発しますが、今は不安もありません!
ただただ先生や紹介して下さったMさんに感謝の気持ちでいっぱいですm(__)m

これからは、自分で心も体も管理しながら枕の運動を続けていかないといけないのですが、あの痛みは二度と味わいたくないので、毎日欠かさず頑張ります!!
本当にありがとうございました。


※ こちらの体験談は、個人の感想や成果によるもので、万人への効果を保証するものではありません。整体術による結果には、個人差があります。

このページの先頭へ戻る