HOME > 会員様の声 > 頭痛、肩こり… 首のこと (八木様)

頭痛、肩こり… 首のこと (八木様)

八木様
ヘルスパークニュース3回目登場の八木と申します。
今回は私の最大の関門、首に関して少しお話させて頂きます。

20代前半には、仕事をしていると夕方頃には頭痛、ひどいときには吐き気まで達し、肩こりは慢性化、ガッチカチの肩になっていました。
友人によると、ボーっとしている時にはよく口があいていて、余計間抜け顔になっていた様です。

デンタルピースを噛みはじめてしばらくした頃、片方の(今となってはどりらだったか忘れてしまいました)顎が開け閉めでカクカクいい出しました。
噛むことで左右のバランスを整える途中で出た現象でしたが、「こ、これは顎関節症やん!!」と不安になりました。
でも、それもいつの間にやら鳴らなくなっていました。
昔撮った写真と見比べると左右のバランスも大分良くなり、顎のラインがスッキリして、何より顎をひいて写っている事に気づき、これまでの整体の成果がみれて嬉しい発見でした。

結婚した当初 一番ビックリされたのは私の歯ぎしりです。
「毎晩そんなにキリキリやってたら歯なくなるんちゃうん?」
と言われたものの、こればかりは本人の意志で止めることも出来ず、聞かされるほうはツライだろうと思い、歯医者でマウスピースを買いました。
それが、ヘルスパークに通い始めて顎のラインがきれいになった事も大きな喜びですが、ここ何年か歯ぎしりはしていない様で、結局、歯ぎしり防止に購入したマウスピースは、新品のまま封もあけてません。

首の運動と、デンタルピースと、先生方の整体のおかげでかなり良くなっています。
現在では、忘れた頃にやってくる頭痛と、最近気になりだしたほうれい線を少しでも薄くしようと、これからも三種の神器(デンタルピース・運動枕・骨盤ベルト)は手放せません!


※ こちらの体験談は、個人の感想や成果によるもので、万人への効果を保証するものではありません。整体術による結果には、個人差があります。

このページの先頭へ戻る