HOME > 会員様の声 > ひどい生理痛も、枕運動に出会えて… (中條様)

ひどい生理痛も、枕運動に出会えて… (中條様)

中條 様
私にとって『ヘルスパーク』といえば、まさに「元気の源」ですね。
一度でも来たことのある方はわかると思いますが、私は(岡先生ワールド)のとりこになってしまったようです。
だから、岡先生が交通事故で1ケ月以上不在の後、久しぶりに岡先生節が聞けたときにはなんだかほっとしました。
仕事で失敗をしたりして、落ち込んでいて「今日は誰とも話をしたくないなぁ」と思っていたとしても、先生方と患者さんのたわいない会話を聞いているうちに、自然に笑いが出て話に加わっていることがほとんどです。
そして帰る頃には、仕事であった嫌なことなんて吹き飛んでしまって、いつもの元気な自分に戻っています。
本当にそんなところなのです。
ヘルスパークは身体だけでなく、心まで癒してくれるところです。

ヘルスパークと出会う前の私はといえば、本当に最悪の状態でした。
体調は常に悪く、良い日は数える程しかなく、なんとかやる気を出すために体調の良い日をカレンダーにつけていました。
日々を過ごすのがやっとで、先のことを考える余裕もありませんでした。
一番顕著だったのが、生理痛です。
生理が始まる1週間くらい前になるとイライラしてきます。
そして涙もろくなります。
鎮痛剤はもちろん欠かせませんでした。
生理痛がひどくてしんどいのが嫌で、生理が始まる前から薬をのんでいました。
それでもひどい時には、会社を休んでしまうこともありました。
仕事での人間関係に悩まされ、何かトラブルがあると「自分は必要ない人間なんだ」と思い詰めていたこともあります。
自分でもたぶん、色々なことに過敏になりすぎてヘルスパークに出会えていなかったら、(ノイローゼになってしまっていた)だろうと思います。

 
中條 様【自分の身体は自分で治す】という考え方に惹かれて通うようになりました。
枕運動するようになって、吐き気、肩こり、頭痛、胃痛や生理痛があったことさえ忘れてしまうほど良くなりました。
性格も明るくなり、何事にも前向きにプラスにとらえることが出来るようになりました。
以前悩まされていた、精神的な不安定さ 頸椎(首の骨)のつまりからくるものなんだ、ということが分かるのにも時間はかかりませんでした。
逆にあれだけのひどい状態で良く耐えていたものだと、自分ながらに感心してしまいました。

 
今後の目標は
「自分に厳しくなって、すべての基本となる『枕運動』を継続する」
そして、「周りの人が健康になれるお手伝いができるようになる」ことです。
最後になりましたが、ヘルスパークと枕運動に出会えたこと、本当に感謝しています。


※ こちらの体験談は、個人の感想や成果によるもので、万人への効果を保証するものではありません。整体術による結果には、個人差があります。

このページの先頭へ戻る